スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

部局ではなく 外局

銀行を表すBANKは実はイタリア語のbancoに由来している。ヨーロッパ一古い銀行。それは600年以上も昔の西暦1400年頃に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァで設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行なのです。
いわゆるデリバティブってどういうこと?従来からのオーソドックスな金融取引、実物商品、債権取引の相場変動で発生したリスクを避けるために生み出された金融商品の名前でして、金融派生商品ともいうのだ。
つまり「金融仲介機能」「信用創造機能」そして「決済機能」以上、代表的な機能のことを銀行の3大機能と呼ぶことが多く、基本業務である「預金」「融資」「為替」だけでなくその銀行自身の信用力によって実現できることを忘れてはいけない。
よく聞くMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債、短期金融資産などでの運用をする投資信託という仕組み。万が一、取得から日をおかず(30日未満)に解約するような場合、その手数料に違約金が課せられることになる。
平成10年6月、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等が所掌する業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを分割して、旧総理府の外局、金融監督庁という特殊な組織が設けられたわけです。
聞きなれたバンクという単語はあまり知られていないけれどbanco(机、ベンチ)というイタリア語が起源である。ヨーロッパ最古である銀行。その名は西暦1400年頃に富にあふれていたジェノヴァで誕生したサン・ジョルジョ銀行であるという。
原則「銀行の経営、それは銀行自身に信頼があって繁栄するか、そこに融資するほど値打ちがないものだと見込まれたことで順調に進まなくなるかである」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
15年近く昔の平成10年12月、旧総理府の内部部局ではなく外局として国務大臣を組織の委員長とされた新しい組織である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(のちに金融庁)は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に3年弱配されたわけです。
預金保険機構(DIC)の保険金のペイオフ解禁後の補償額は名寄せ、融資の相殺がされた上で、1人あたり普通預金等の1000万円以内(決済用預金は全額)000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"ということ。日本国政府、民間金融機関全体がそして民間金融機関全体の三者がが同じくらいの割合で
一般的に株式市場に公開している上場企業の場合は、企業活動を行うためのものとして、株式だけではなく、さらに社債も発行するのが一般的になっている。株式と社債の違うところは、返済する義務があるかないかである。
すでに日本国内で活動中のほとんどの金融機関は、国内だけではなくグローバルな規制等の強化も考えて、財務体質を一段と強化させること、それに加えて合併・統合等を含む組織の再編成などに活発な取り組みが始まっています。
簡単、外貨MMFって何?例外的に日本国内でも売買が許可されている外貨商品の名称(マネー・マーケット・ファンド)。同じ外貨でも預金と比較して利回りがずいぶん高く、為替の変動によって発生する利益は非課税というメリットがある。証券会社で購入できます。
多くの場合、金融機関の能力格付けとは何か、ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関を含め国債を発行している政府や、社債を発行している企業の持つ、信用力や債務の支払能力などを一定の基準に基づき評価している。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、大蔵省(現財務省)から金融制度の企画立案に関する事務を移管しこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に改組した。翌2001年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
全国組織である日本証券業協会の解説。協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の有価証券(株券や債券など)の売買等の際の取引等を公正で円滑にし、金融商品取引業界全体が堅実な進歩を図り、投資してくれた者を保護することを目的としている協会です。

JUGEMテーマ:人生論



スポンサーサイト