回りがずいぶん高く

【用語】スウィーブサービス⇒普通預金と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座間において、株式等の購入資金、売却益などが手続き不要で振替してくれる便利なサービス。同一金融グループ内での顧客の囲い込み作戦である。
重要。「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」の3機能を通常銀行の3大機能と呼び、銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」、最も重要なその銀行の持つ信用力によってこそ実現されていると考えられる。
簡単にわかる解説。株式とは?⇒社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、その株の企業は株式を手に入れた者について出資金等の返済に関する義務はないとされています。加えて、株式の換金方法は売却によるものである。
保険業法(改正平成7年)の定めに則り、保険を販売する会社は生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社に分かれることになり、どちらの会社も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者のほかは販売できないとされている。
難しそうだが、外貨MMFとは何か?国内であっても売買することができる貴重な外貨商品の名前。外貨預金と内容を比べると利回りがかなり高いうえ、為替の変動による利益は非課税として取り扱われる魅力がある。証券会社で購入できます。
15年近く昔の西暦1998年12月、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長にするとされている新しい組織である金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に3年弱配されていたわけです。
平成10年12月、総理府(当時)の外局として国務大臣をその委員長と定められた機関である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に2年以上も配されていたのだ。
覚えておこう、外貨MMFというのは例外的に日本国内でも売買可能な外貨商品の一つである。同じ外貨でも預金と比べると利回りがずいぶん高く、為替変動によって発生する利益が非課税なんていうメリットがある。すぐに証券会社で購入しよう。
【解説】外貨預金というのは銀行が取り扱っている外貨建ての資金運用商品の一つであり、日本円以外によって預金するもの。為替変動による利益を得る可能性が高い反面、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
要は「失われた10年」というのは、国全体、もしくはどこかの地域における経済が10年以上の長い期間に及ぶ不況並びに停滞に襲われていた時代を表す語である。

きちんと理解が必要。株式とは?⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、企業は出資されても株式を手に入れた者に対して出資金等の返済に関する義務は負わないとされているのだ。最後に、株式の換金方法は売却のみである。
まさに世紀末の2000年7月、大蔵省(当時)からこれまでの業務以外に金融制度の企画立案事務も移管しこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)として改編。21世紀となった2001年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
知らないわけにはいかない、ペイオフって何?予期せぬ金融機関の倒産に伴って、預金保険法で保護するべき預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
この「失われた10年」が示すのは、ある国全体であったり地域における経済活動がなんと約10年以上の長きにわたる不況および停滞に襲われていた10年を語るときに使う語である。

JUGEMテーマ:人生論



スポンサーサイト