はやぶさが話題になった年

小惑星探査機「はやぶさが話題になった平成22年9月13日、日本振興銀行が破綻(倒産)する。これによって、初めてのペイオフが発動することとなり、全預金者のうちの3%程度、それでも数千人の預金が、上限額の適用対象になったとみられている。
つまり「重大な違反」なのかそうならないのかは、金融庁が判断を下すことだ。ほぼ全てのケースでは、取るに足らない違反がだいぶあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」判定されてしまうもの。
今後も、日本国内で活動中のほとんどの金融機関は、広くグローバルな金融市場や取引に関する規制等の強化も視野に入れて、財務体質等の一層の強化だけにとどまらず合併・統合等を含めた組織の再編成などに積極的に取り組んでいます。
一般的にバブル経済(わが国では平成3年まで)ってどういうこと?不動産や株式などといった時価資産が市場で取引される金額が過剰な投機により実経済の成長を超過しても高騰し続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す言葉。
西暦2000年7月、旧大蔵省から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を新たに移管し平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは異なる)として再スタートさせた。翌平成13年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
【解説】スウィーブサービスって何?預金口座と(同一金融機関・グループの)証券の取引口座間なら、株式等の資金や利益などが両口座で自動的に振替えられる新しいサービス。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための戦略ということ。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった2010年9月12日、日本振興銀行が経営破綻する。これによって、このときはじめてペイオフが発動したのである。このとき全預金者の約3%、それでも数千人の預金が、適用対象になったと思われる。
いわゆるスウィーブサービスってどういうこと?普通預金口座と同一金融グループの証券取引口座の間において、株式等の購入資金、売却益などが手続き不要で的に振替される画期的なサービスである。同一金融グループ内での顧客の囲い込み戦略ということ。
【解説】外貨両替って何?海外へ旅行にいくとき、その他手元に外貨が必要な際に活用されている。しかし日本円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
格付け(ランク付け)を活用する理由(魅力)は、膨大な財務に関する資料の全てを読むことができなくても知りたい金融機関の財務状況が判断できる点にあります。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することまで可能なのです。
難しそうだが、外貨MMFとは何か?日本国内であっても売買することができる外貨建て商品の名称である。同じ外貨でも預金と比較して利回りが高いうえ、為替変動による利益も非課税だというメリットがある。さっそく証券会社で購入しよう。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債(国債、社債など)や短期金融資産での運用をする投資信託のことである。気が付きにくいが取得から30日未満という定められた期間に解約した場合・・・これは手数料に違約金も合わせて請求されるのです。
MMF:公社債であったり短期金融資産で運用する投資信託です。気が付きにくいが取得して30日未満に解約したい場合、その手数料には違約金も合わせて請求されることになる。
郵政民営化により発足したゆうちょ銀行が取り扱うサービスのうちほとんどのものは郵便貯金法(昭和22年-平成19年)による「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、民営化後適用された銀行法の規定に基づく「預貯金」が適用されるサービスである。
知ってますか?外貨預金とは何か?銀行が扱うことができる外貨建ての資金運用商品。日本円以外によって預金をする商品である。為替変動による利益を得られる可能性があるけれども、同時に損をするリスクもある(為替リスク)。

JUGEMテーマ:人生論



スポンサーサイト

  • « 
  • TOP
  •  »